「おくの細道」の松尾芭蕉と忍者・服部半蔵は同一人物だった?
白河関跡 芭蕉と曾良の像
白河関跡 芭蕉と曾良の像

「おくの細道」に収録された俳句は、松尾芭蕉(まつお ばしょう)が東北から北陸を旅した際に詠(よ)まれたものです。
しかしながら、この旅にはおかしな点があります。
松尾芭蕉はこの旅で、2400kmもの距離を、わずか150日で踏破(とうは)したというのです。

松尾芭蕉は、このとき46歳。
いくら昔の人が健脚(けんきゃく)だったといえ、この年齢の人が、1日で数10kmも歩いたというのは無理があります。

さらに、当時は国境には関所があり、出入りが厳しくチェックされていました。
個人がおいそれと全国を旅することなど、到底不可能だったはずなのです。

さて、この疑問を解決すべく名前が挙がったのが、当時最も誉(ほま)れ高かった忍者・服部半蔵(はっとり はんぞう)です。
松尾芭蕉は、服部半蔵の仮の姿で、服部半蔵が密偵(みってい)として全国を回った道中に詠まれたもの、それが「奥の細道」だったというのです。

服部半蔵
服部半蔵
写真は、こちらからお借りしました。

もちろん、真実は定かではありません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
国際会議の「G7」のGは何の略?
ウサギの耳は、何故大きい?
闘牛士の振る赤い布で、牛は本当に興奮する?
家庭用のプロジェクターと業務用のプロジェクターの違いは?
眠くなると、思わず目をこすってしまうのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告