ICタグには、アンテナがついていた?
防犯ゲート
写真は、こちらからお借りしました。

家電量販店、レンタルビデオ店、書店などで、万引き防止の目的で入り口に防犯ゲートが設置されているところがあります。
これらのお店で、レジを通さずに商品を持ち出そうとすると、警報が鳴ります。
このゲートは、商品につけられたICタグに反応して警報を鳴らす仕組みになっています。

”このICタグは、ICチップとアンテナで構成されており、ゲートを通過するときに、ゲートから発せられている電波をキャッチします”。
そして、そのエネルギーを利用して自らを起動し、信号を発信します。
ゲートは、その信号を感知して、不正の有無を検出しているのです。

ちなみに、一般的には、商品に貼られているICタグはレジや受付で外しますが、最近ではICタグの情報を書き換えて、電気的に通過許可を与えているところもあります。
レンタルビデオ店や図書館などで、この方式がとられています。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
涙は、感情の種類によって、味が変化する?
【お知らせ】URLが変わりました。
オネショの子供は、将来犯罪者になる?
ブラックホールの発見者は誰?
日本で最初の年賀状は?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)