ボディーソープとハンドソープとシャンプーの違いは?
ボディーソープ ハンドソープ

最近はボディーソープ、ハンドソープ、シャンプーなど、体の部位に合わせた、さまざまな商品が発売されています。
が、基本的な汚れを落とす作用は同じ。
これらは一体、どこが違うのでしょうか?

当然、製品によって特徴が異なりますが、最近の”ボディーソープは、潤(うるお)いや保湿の効果が重視される傾向にあり、オイルや保湿成分などが加えられていて、洗い上がった後の乾燥を防ぐ工夫がなされています”。

一方、”ハンドソープは、衛生面が重視されており、殺菌成分が含まれています”。

他方、最近の”シャンプーは、ほとんど石けん成分が使われておらず、合成界面活性剤(ごうせいかいめんかっせいざい)を主成分としたものが多くなっています”。
これは、石けんよりも合成界面活性剤のほうが、洗い上がりのしっとり感が高まるためだといいます。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
熱いおしぼりを賢く作るコツは?
朝食を抜くと、脳卒中の発症リスクが上昇?
Webカメラの3割が、ネットで丸見え?-デバイス無効化のすすめ
冷暖房の電気代を節約するコツは?
からまったネックレスをほどくには?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告