オールステンレスの包丁には、手術用メスの技術が応用されていた?
現在では、さまざまなメーカーからオールステンレスの包丁が発売されています。
が、そのさきがけとなったのは、1983年に金属食器の町として知られる新潟県燕市(にいがたけん つばめし)にある吉田金属工業が発売した「GLOBAL(グローバル)」でした。

GLOBAL
吉田金属工業 GLOBAL グローバル
写真は、こちらからお借りしました。

この包丁の特徴は、”刀身(とうしん)から柄(え)までがすべてステンレス製の一体構造となっている点で、この構造のおかげで、柄の腐食による抜け落ちや雑菌の繁殖を抑(おさ)えることができるのです”。

しかしながら、この包丁の開発には苦労もあったといいます。
当時のステンレス鋼は、短期間で切れ味が落ちてしまうために、切れ味の維持が課題とされたのです。

そこで、同工業が着目したのが手術用のメスでした。
メスの材料である超硬化ステンレスと鋳造(ちゅうぞう)技術を組み合わせて、鋭利(えいり)な切れ味を長く維持することに成功したのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
現在、健康器具として知られているルームランナーは、もともと拷問用器具だった?
「孫の手」は、もともと「仙女の手」だった?
消防車は、赤のペンキで塗装する前に、一度ピンクに塗られる?
マゼランは、世界一周を達成していない?
理想的な鼻のプロポーションとは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告