花火の色は、どうやってつけられている?
花火

夏の風物詩・花火
夏の夜空を彩(いろど)る花火は、日常の忙しさや問題ごとを一時的ながら忘れさせてくれ、新たな活力を生み出してくれる不思議な存在です。

花火2

花火には、さまざまな種類があり、一発だけでも色とりどりの光や表情を見せてくれます。
が、これらの光の「素(もと)」には、私たちが良く耳にする物質が数多く使用されています。

花火4

”基本的に、花火は硝酸(しょうさん)カリウムや塩素酸カリウムなどを元につくられた火薬と、これを着色する物質、火の粉や煙を出物質等で構成されています”。

花火3

このうち、着色する物質としては、主に赤く光るストロンチウム、黄色く光るナトリウム、青く光る銅、緑に光るバリウムが使用されています。

花火5

そして、煙を出す物質としては、白い煙を出す亜鉛や硫黄(いおう)、黄色い煙を出す鶏冠石(けいかんせき)などが使用されているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
衆議院の議席のいすの下には、防災ずきんが用意されている?
クジラの排泄物には、形がない?
女性の顔は、左半分の方が美しい?
カバの汗は、赤い?
手品で使うハトは、何故いつも白い?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告