えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変える?
エスカレーターと 女の子

「エスカレーター」は、ラテン語のScala(階段)と英語のElevator(エレベーター)を組み合わせて作られた言葉です。
考案者であるアメリカの発明家チャールズ・シーバーガー (1857年 – 1931年)が1895年に命名しました。

エスカレーターは、その名の通り階段状の昇降(しょうこう)装置で、その利点は搬送(はんそう)能力が高いことです。
エレベーターに比べて、格段の効率のよさを誇っています。

エスカレーターは、ステップをループ状のチェーンに連結し、モーターで駆動(くどう)します。
ステップの速度はさまざまですが、多くのエスカレーターの速度は分速30mという一定の速度で動くため、せっかちな人はステップを駆け上ったり、駆け下りたりしてしまいます。
もちろん、速度を上げることも可能ですが、そうすると、特にお年寄りや身障者にとって、乗り降りが危険になってしまいます。

エスカレーター1

さて、このふたつの問題を解決したのが、三菱電機が実用化した「変速エスカレーター」です、
普通のエスカレーターは、ふたつのステップをチェーンで直線的に連結していますが、変速エスカレーターは連結部が曲がる仕組みになっています。
つまり、”傾斜時は「イ」のような形をしていた連結チェーンが、乗り口と降り口部分では「Y」のような形に変形します”。

エスカレーター2

このようにすることで、乗り口と降り口部分で、ちょうど紙がしわになるような原理でスピードが落ち、安全に乗り降りができるのです。

また、この仕組みによって、傾斜部の速度を、乗降時の1.5倍にすることが可能になったといいます。

参考にしたサイト
『エスカレーター』の仕組み(図付) - 辞書辞典無料検索JLogos
http://www.jlogos.com/g006/8567002.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「茴香」とは?
「一太郎」のモデルは実在する?
「ランバダ」とは?
料理屋の盛り塩は、「お清め」のためではなかった?
アジサイの名前は、シーボルトの愛人の名前?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告