ポテトチップス用のじゃがいもの皮は、やすりではがしていた?
ポテトチップス

コンビニやスーパーなどに行くと、定番の味から新製品まで、さまざまなタイプのポテトチップスが並んでいます。
これは、それだけたくさんのじゃがいもが使用されているということを意味します。

それでは、これら大量のじゃがいもの皮は、どうやってむいているのでしょうか?

ポテトチップスを製造する工場では、じゃがいもを水洗いしたあと、回転するドラムの中に投入(とうにゅう)します。
このドラムの中には、棒状のやすりがついていて、そこにじゃがいもが当たると、皮がこすり取られるのです。

ちなみに、このこすり取られた皮は、家畜(かちく)のエサや肥料(ひりょう)として再利用し、じゃがいもを捨てることなく使い切っているといいます。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
シラウオとシロウオは別の魚?
お米のことわざ12選
「フリース」とは?
ドライアイスは、何でできている?
伊豆七島とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告