満載と空荷のトラック、早く止まれるのはどっち?
トラック

車を運転中に急ブレーキを踏んだという経験は、誰にでもあることでしょう。
そんなとき、車に人や物をのせていればいるほど、慣性の力が加わり、止まるまでの距離が長くなって危険度も高くなるように思われます。
が実は、それは間違いなのです。

大型トラックの場合はこうです。
時速100キロで走る10トン積みのトラックと、同型の空荷(からに)のトラックが同時にブレーキを踏んだ場合、停止するまでの距離はどちらが短いでしょうか?
慣性の法則に反してしまうのですが、この質問の答えは、なんと、10トン積みのトラックの方なのです。

それでは、何故このような結果になるのでしょうか?

トラックのブレーキは、荷物を満載(まんさい)にしたときに最も効くようになっています。
空荷では、ブレーキのパワーがオーバーとなり、タイヤはロックの状態になってしまいます。
その結果、空荷のトラックは跳(は)ね、タイヤも路面をポンポン飛ぶ状態となって、制動(せいどう)距離を伸ばしてしまうのです。
よく、高速道路などでは、路面にブレーキ跡が焼きついていますが、そうしたものの中には、タイヤの跳ねた跡を示すものが少なくありません。

低速の場合は、空荷トラックの方が早く止まれますが、高速道路では反対になるということは、覚えておくと何かの役に立つかも知れません。
お役立ち 情報
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
眠れない人を、あっさりと眠らせる秘策とは?
あまりに悪質な手法、「ヘッドハンティング詐欺」にご用心!
ゆで卵の黄身を真ん中にするには?
ペンキの臭いを素早く消すコツは?
話しかけてくる外国人から逃げる方法は?

スポンサーリンク

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)