塩分が不足すると、何故人間は生きていけない?
塩

体の約60%が水分であるというのは良く知られています。
が、水分といっても、真水ではなくて、しょっぱいです。
”体にとっては、体液のしょっぱさ(濃度)がある一定以上に保たれていることが、健康を維持するうえで非常に大切なことなのです”。

体内の塩分は、汗や尿などに混ざって少しずつ排出されるため、その分を少しずつ摂(と)らなくてはなりません。
体液の濃度が薄くなってしまうと、体の機能(きのう)が狂ってきてしまいます。

現代では、簡単にを手に入れることができるので問題はないのですが、昔は、内陸部では塩の入手が困難でした。
そのため、わざわざ「塩の道」という輸送ルートを作って、常に塩が確保できるよう、工夫を絶やさなかったのです。

塩分の不足に気をつけなければならないのは、人間ばかりではなく草食動物も同じです。
植物には、塩分が含まれていないからです。
草食動物は、常に塩を補給(ほきゅう)する必要があるのです。

一方、肉食動物は、塩を補給する必要がありません。
何故なら、エサとなる動物の内臓、生肉には塩分をたっぷり含んだ体液があるからです。

これは、人間の場合でも同じで、生肉を常食しているイヌイットなどは、わざわざ食塩を摂らなくても大丈夫なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
お札の原価はどのくらい?
「釈迦の十大弟子」とは?
1770年生まれのベートーベンは、1772年に生まれたと信じ込んでいた?
ピアノは、ミスチューニングがある方が良い音がする?
国道には、途中で階段になっている場所がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告