木陰が涼しいのは、「陽射しを遮るから」だけではない?
木陰の ベンチ

真夏の都会は、アスファルトやコンクリートなどから跳(は)ね返る熱や、空調から吐き出される熱風でむせ返っています。
場所によっては、気温が45度以上になることもあり、まさに”コンクリート・ジャングル”です。

そんなときは、街路樹(がいろじゅ)などの木陰に入ってホッと一息。
公園の森の中に入れば、清涼感さえ感じます。

これは、単に太陽光を遮(さえぎ)ったからだけではありません。
木の葉には、無数の空気の出入り口である気孔(きこう)があり、そこから水分が外に出されています。
この水分が大気中に蒸発(じょうはつ)するときに大気中の熱を奪うため、樹木の周りの温度が下がるのです。

森林の中では、気温はむやみに上がりませんし、また夜になれば、枝や葉が地表からの放熱を遮るので、温度はそれほど下がりません。
つまり、森林は昼と夜の温度差が少ない、住み心地の良い場所といえます。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ズボンの折り返しには、どんな意味がある?
「アウトレット」とは、どんな店?
ギョーザの皮とシューマイの皮は、同じようで同じでない?
電子レンジは、溶けたキャンディーから生まれた?-偶然が生んだ大発明
不可能といわれた「青いバラ」を作ったのは、サントリーだった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告