レースの盲点をついた、八百長競輪の手口とは?
競輪

競輪、競馬などの八百長(やおちょう)の手口というと、本命に手抜きをさせて人気薄に勝たせたり(消え”といいます)、あるいは、実力があるのにわざと人気を落としておいて、試合では勝つ(やり”といいます)などといったやり方がポピュラーです。

これらはいずれも、結果としては大穴を出してひと儲けしようという手口ですが、かつて関西・中部の競輪場で起こった”G会事件”は、八百長の天才が考え出したといわれるほど巧妙(こうみょう)なものでした。

何故なら、この手口は本命-対抗をそのままゴールに入線させるというものだったからです。
人気のない選手がトップ奪おうとすると、その選手をはさんで妨害(ぼうがい)するサンドイッチ戦法などを駆使(くし)して、人気どおりにレースを仕込むのです。

レースが本命-対抗どおりに決まれば、誰も八百長とは思いません。
これはまさにレースの盲点というわけで、発覚が遅れたのも無理はありません。
この八百長を仕組んだ暴力団は、もちろん本命の馬券を大量に買って大もうけしていたといいます。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
フェアプレイを忘れた元甲子園球児?
盗んだ米の重さで窒息死?
暗示にかかって死んだ死刑囚?
新婚生活をフイにしちゃった空き巣?
杉並区にタヌキが出現?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告