沈む夕陽は、何故大空に輝く太陽よりも大きく見える?
夕陽

美しい夕陽の中に沈んでいく太陽は、日中、大空に輝く太陽よりも大きく見えます。
これは、何故なのでしょうか?

実はこれ、目の錯覚なのです。

日中、空高く上がっている太陽には、その周りに比較するものがありません。
そのため、たいした大きさには見えません。
が、夕方は地上の建物や木などが対象物となります。
そのため、大きく見えるというわけなのです。

以下は、沈みゆく太陽を連続で撮影したものです。
いかがでしょうか?
実際、太陽が地平線に近づいても、大きくなっていないことが分かります。

沈み行く夕陽
写真は、こちらからお借りしました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
昆虫は、死ぬと何故あお向けになる?
「浦島太郎」の主人公が助けたカメは、アカウミガメのメス?
「虹」には、何故「虫扁」が使用されている?
フグは、海にいるのに何故「河豚」と書く?
「銀座」の本家は、実は京都だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告