「盛り塩」は、皇帝をひきつけるための仕掛けだった?
盛り塩

料理屋などの店先には、「盛り塩」といって、塩がびっしりとピラミッドのように盛られていることが多いです。
塩には、お清めの意味があるので、この塩は魔よけか何かのおまじないだと思っている方も多いかも知れません。
しかしながら、この盛り塩、実は古代中国の女性たちが、皇帝の気を引こうとして考えたトリックのひとつだったのです。

当時の中国の皇帝は、何人もの側室(そくしつ)をかかえて、順番に夜の相手をするという優雅な日々を送っていました。
が、優雅なのは当の皇帝で、それぞれの屋敷で皇帝がやってくるのを待っている側室にとっては、つらい日々。
彼女たちは誰もが、皇帝の寵愛(ちょうあい)を独占しようと必死でした。

そんなある日、側室の1人が玄関に塩を盛ることを思いつきました。
というのは、皇帝はいつも、牛車(ぎっしや)に乗って、側室の屋敷に出向きます。
塩は、牛の大好物。
大好きな塩につられて、牛が自分の屋敷の前に来たところで立ち止まれば、その日はほかの側室の屋敷に行こうとしていた皇帝も、やむなく自分の家に来てくれるのではないかと考えたのです。

そして、この計画は見事成功。
この故事から、盛り土は”お客を呼び寄せるおまじない”になったというわけなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ユダヤの六角形は、何を表わす?
大文字焼きの大の字は、どこから来た?
大化の改新はなかった?
「売り家と唐様で書く三代目」とは?
蚊に刺されやすい血液型はある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告