一人でしんみりと飲む酒は、ストレスを増加させる?
酒飲み ペンちゃん

同じ酒好きでも、その飲み方によって、体に与える影響はずいぶん違ってきます。
そのいい例が肝硬変(かんこうへん)です。
これは、酒飲みがかかりやすい怖い病気のひとつですが、どちらかといえば「一人酒場でむっつりと」というような、暗い酒を飲む人に多いのです。

それは何故かといえば、一人で暗く飲む酒は、ストレスを増加させるだけだからです。

たとえ心の憂(う)さを晴らすため、精神的ストレス解消のために飲むのであっても、”肉体的には、酒を飲むことそのものがかなりのストレス”なのです。

胃は休めないし、肝臓も疲れます。
そして、心臓にも負担がかかります。
そこに、さらにストレスを持ち込んだらどうなるでしょうか?
胃が胃液を過剰(かじょう)に分泌し、潰瘍(かいよう)になる恐れもあります。

酒の飲み方にも、いろいろあります。
悩みごとを引きずって飲む酒、飲みたくもない相手と飲む酒、ヤケ酒など、イヤイヤ飲む酒は禁物。
飲むならば、明るく、楽しく飲むことです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
冷えた体を簡単に温かくするには?
ティッシュペーパーは、何故トイレに流さない方が良いのか?
サプリメントは、ご飯といっしょにとらないとほとんど効果がない?
薬を使わずに、速効で鼻づまりを解消する方法とは?
米一合の重さはどのくらい?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告