江戸時代には、玉で玉を数えていた?
玉 筆順
写真は、こちらからお借しました。

江戸時代には、数を数えたり統計を取ったりするときなどに、「玉」という漢字を用いていました。

ということは、玉を数えるときは、「玉」で玉を数えていたことになります。【><】

玉 玉つき

これは、現在の「正」にあたる漢字ですが、実は、このような数を数える記号は、外国にも存在します。
これらを、以下にご紹介します。

日本
120px-Tally_marks_3svg.png

欧米
(タリーマーク)
120px-Tally_marks.png

アルゼンチン、ブラジル
120px-Tally_marks_2.png

この数え方は、特にスポーツの試合で得点を数えたり、進行中の結果を集計するときなどに、非常に便利です。
何故なら、このやり方は、単純に棒を1本ずつ書き足していくだけの計数法なので、中間結果を消したり、捨てたりする必要がないからです。

参考にしたサイト
一進法 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/一進法
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「君が代」は、実はヘブライ語で書かれていた?
「三筆」とは?
赤味噌と白味噌の違いは、どこから生まれる?
夏至が真夏とならないのは何故?
青信号は、実は「進め」という意味ではなかった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告