風邪を引くと、リンパ腺が腫れるのは何故?
風邪

風邪を引いて、のどが痛くなると、あごの下のリンパ腺が腫れることがあります。
これは、何故なのでしょうか?

リンパ腺は、医学的にはリンパ節というそうです。
腺というのは、乳腺や唾液腺のように、体液を分泌している器官のことをいいますが、リンパ節は何も分泌していないので、腺とは呼ばないようです。

リンパ節は、リンパ管のところどころがふくらんで、蜂の巣のようになったものです。
ここでは、白血球が多量につくられ、貯蔵されています。

さて、風邪を引いて、体外から風邪の菌が入ってきてのどにくっつくと、血管から白血球が出てきて、菌を食い殺します。
この死んだ菌は膿(うみ)となり、痰(たん)として体外に排出されます。

このとき、生き残った菌は、リンパ菅に入ってリンパ節にまで進出し、そこで、待ち受けていた白血球と熾烈(しれつ)な戦いが繰り広げられます。
そのためにリンパ節が腫れて、外からさわっても分かるほどの塊になるのです。

ちなみに、リンパ管に入ってくるのは、病原菌だけでなく、腫瘍(しゅよう)細胞もあります。
リンパ節で食い止められなかった腫瘍細胞は、リンパ管を流れて、ほかの臓器に達し、そこで増殖します。
これが、ガンの転移といわれる現象です。

なので、風邪を引いたわけではなく、どこにも炎症を起こしていないのにリンパ節が腫れた場合には、用心して病院に行った方が良いようです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ツルン!とむけるゆで卵を作るには?
食品添加物の摂取を減らすには?
政治家の答弁にゴマカされないコツは?
サプリメントは、ご飯といっしょにとらないとほとんど効果がない?
見た目の悪い「貧乏ゆすり」には、実は驚くべき健康効果があった?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告