赤味噌と白味噌の違いは、どこから生まれる?
味噌

味噌には、赤味噌と白味噌があります。
この違いは、味噌をつくる工程で、大豆を蒸(む)したか、茹(ゆ)でたかによって生じるものです。

大豆には、アミノ酸が多く含まれていますが、このアミノ酸には、加熱されると糖分と結びついて、褐色(かっしょく)に変化する性質があります。

ところが、茹でると、そのアミノ酸がお湯に溶け出してしまうので、白くなるわけです。

また、味噌をつくるときに使われる麹(こうじ)の種類によっても、色が変わってきます。
麹には、米、麦、豆がありますが、豆麹を使ったものは特にアミノ酸が多いので、濃い色になります。

色が濃いことで知られる名古屋味噌は、赤味噌の代表格ですが、この味噌の色が濃いのはそのためです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「立つ鳥跡を濁さず」は本当?
以下の魚偏の漢字を読めますか?
コイは、恋をすると思いニキビを作る?
行者が行なう「火渡り」のカラクリは?
ガムは、樹液から作られていた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告