うなぎとステーキ、スタミナがつくのはどっち?
うな丼

夏バテのスタミナ回復の代表格といわれる、ウナギとステーキ。
確かに、両者とも、見るからにたっぷりと栄養を含んでいるようで、食欲不振やだるさも、あっという間に吹き飛ばしてくれそうです。
が、夏バテにきくという点に関していえば、はるかにウナギの方が優れています。

スポーツをしたあとなどは別として、夏は冷房の効いた部屋にいて体を動かすことが少ないため、熱量の消費も少なく、あまりカロリーを消費しません。
しかしながら、暑さのために、ビタミンやミネラル類、とりわけビタミンB群の消耗が激しく、それが夏バテの原因となります。

そして、ウナギのもつ栄養分は、まさにこれにうってつけ。
まるで、夏バテのために存在してくれているかのように、ビタミB群を始め、A、Dなどを含んでいます。

一方のステーキはといえば、カロリー源としては非常に優れていますが、ビタミンやミネラルは、夏バテの不足を補うほどには含まれていないのです。
むしろ、ビタミンB群は豚肉にはるかに多く含まれているので、”無理して高いステーキを食べるよりは、トンカツの方がずっとおトク”ということになります。

なお、ほかにビタミン群が多い食べ物には、サバ、イワシなどの青魚、シジミ、牛乳、納豆などがあります。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「食品添加物」とは?
古い野菜を新鮮に見せるには?
古い口紅を使うと害がある?
柿の渋を抜くには?
紙幣を定規代わりに使う「裏技」とは?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告