「笑う門には福きたる」は、科学的にも正しかった?
笑う 少女

「笑う門(かど)には福きたる」ということわざがありますが、これを地で行ったような話しがあります。

あるときアメリカに、脊髄関節炎(せきずいかんせつえん)を煩(わずら)い、医者に「治らない」と宣告された患者がいました。
その患者の名前は、ノーマン・カズン。
彼にとって、医師が自分に多用する強い鎮静剤(ちんせいざい)が、死の予行練習をさせられているようで、不満でたまりませんでした。

そこで彼は、

「どうせ治らないのであれば、毎日をもっと楽しく生きよう!」

と思い、鎮静剤の注射を拒否し、”笑い治療”を始めたのです。

といっても、やり方は簡単です。
喜劇のビデオを、毎日10分ほど見て、大笑いするだけです。
が、これが効果てきめんだったのです。

まず、笑いが麻薬効果を発揮してくれたのか、悩まされていた痛みが和らぎ、良く眠れるようになりました。

そしてなんと、数週間後には、彼の病気そのものが、かなりの回復を示したというのです!

笑いに、これだけの効果があるとは、にわかには信じがたいですが、この作用を科学的に証明した人がいました。
フランスのルーヴィンスタイン博士です。
博士は、自著「笑いの心身医学」に、以下のように記しています。

「”笑いは、モルヒネに似た沈静作用(ちんせいさよう)を持つエンドルフィンの分泌を促進(そくしん)し、呼吸による酸素と二酸化炭素の交換を4倍にする”。また、消化管を攪拌(かくはん)して便秘に効果があると同時に、肝機能不全を補う作用も果たしている」

病気をすると、ただでさえふさぎこみがちですが、こんなときこそ、逆に笑ってみることが回復の近道かも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
盲導犬に命令するとき、何故英語を使う?
赤信号で直進すると信号無視になるが、青信号で停車しても、信号無視にならない?
硬貨の発行年は?
肉じゃがの生まれたいきさつは?
国道には、途中で階段になっている場所がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告