年を取ると、本当に「面の皮が厚くなる」?
ハルク 巨大 強力な

図々しい人のことを、「面の皮が厚い」といいますが、良く考えてみると、この言葉はなかなか奥が深いです。

顔色は、血液の流れ方次第で変わるものです。
血管などの組織を覆(おお)っている皮が厚ければ、赤くも青くもならず、なるほど”いけしゃあしゃあ”としているように見えるわけです。

それでは一体、何ミリくらいあれば、面の皮が厚いといえるのでしょうか?

人間の皮膚の厚さは、体の場合、表皮(ひょうひ)が0.1~0.3ミリで、その下の真皮(しんぴ)が0.3~2ミリ、合わせて0.4~2.3ミリというのが平均的なところです。

もちろん、体の部位によっても差があります。
一番厚い足の裏の皮と、一番薄いまぶたの皮とでは、同じ人間でもかなり変わってきます。
また、ヒジやヒザなどの関節を覆っているところでは、他の部分とは逆に、表皮が厚く真皮が薄くなっています。

さて、そこで面の皮ですが、解剖すると、体に比べてかなり薄いことが分かります。
年齢とともに厚くなる傾向も見られ、生後9ヶ月で0.04ミリ、15歳で0.07ミリ、35歳で0.1ミリです。

年を取ると、面の皮が厚くなるというのは、本当のことでした。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
2880年3月に、世界は終わる?
「雨がっぱ」と「河童」は、まったく関係がない?
世界でいちばん深い湖は?
鬼が「虎柄のパンツ」を履いているのは何故?
「乳化剤」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告