えっ! スマホをズボンの前ポケットに入れておくと精子が減少?-スマートフォンの危険性
スマートフォン

スマートフォンを頻繁(ひんぱん)に使いこなしている男性ほど、身体から思わぬ悲鳴があがっているようです。

テクニオン・イスラエル工科大学が、不妊クリニックに通院する男性106人を対象に、1年間かけて綿密(めんみつ)に行なった調査によれば、ズボンのポケットなど、局部からの距離が50cm以内に携帯電話を入れている男性47%において、精子数の減少、及び質の低下が判明しました。

つまり、常時スマホから出ている電磁波で、精子が死んでしまうわけです!

精子

さらに、就寝中も携帯電話を下半身の近くに置いている男性にも、大きな影響が出ていることが判(わか)りました。

同研究チームの関係者は、「よく言われているように、原因はスマートフォンから放出されている電磁波によるダメージによるものだと思われる」とコメント。
また、対策としては、なるべく携帯電話を体から離しておくこと、そして使用時間を短くするようにと警告しています。

スマホの電磁波の影響については、これまでにも何度も指摘されてきたことですが、こうして改めて数字を見ると、本当に恐ろしいことです。
数%の数字であれば、個人差の問題で片付けられるかも知れませんが、4割を超えているとなると、これは本当に問題です。

スマホから発する電磁波で、下手をすれば不妊になる虞(おそれ)があるということで、民族の生存にも関わる問題だといえるでしょう。

現在、国民の約8割が持っているといわれる携帯電話。
その電磁波による悪影響は、今までにもいろいろと指摘されています。

たとえば、携帯電話は、WHO(世界保健機関)によって、既に「発がん物質」に指定されています。
イギリスでは、政府が2000年7月に、16歳未満の子どもは、緊急時を除いて、携帯電話の使用を控えるようにとの通達(つうたつ)を出しました。
また、2002年3月、フランスにおいても、保健省が携帯電話の脳への影響を考慮(こうりょ)し、使用上の注意を促(うなが)すパンフレットを配布しています。
さらに、バングラディッシュでは、政府が16歳になるまでは携帯電話を禁止しています。

いずれにしても、携帯電話のような電子機器は、できる限り体と密着させないようにした方が良いようです。

参考にしたサイト
スマホ使う男性の精子に問題多発 ズボンに入れる人47%で減少傾向
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160302/Mogumogunews_3083.html
携帯電話は「発がん性を持つ危険有害物質」に、WHO(世界保健機関)が指定
http://gigazine.net/news/20110601_cell_phone_increase_possible_cancer_risk/
ロシア非電離放射線防護委員会 「16歳未満の子どもは携帯電話を使うべきではない」 - 天皇の国師直伝録
http://tenson4089.blog.fc2.com/blog-entry-1183.html
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
少しだけ優しい顔に見せる、簡単な方法とは?
生卵かゆで卵か、割らずに見分けるには?
つい手がのびてしまう、品切れトリックにご注意!
「一夜漬けは効果がない」といわれるのは何故?
ホイップクリームを素早く作るには?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告