「石狩沼田幌新事件」とは?
ヒグマ

「石狩沼田幌新事件(いしかりぬまたほろしんじけん)」とは、大正12年(1923年)8月21日の深夜から8月24日にかけて、北海道雨竜郡沼田町(うりゅうぐんぬまたちょう)の幌新(ほろしん)地区で発生した獣害(じゅうがい)事件のことです。
ヒグマが開拓民の一家や駆除(くじょ)に出向いた猟師を襲い、4名が死亡、3名の重傷者を出しました。
この事件は、獣害事件として記録されたものとしては、日本史上2番目に大きなものとなります(1位は三毛別(さんけべつ)羆事件)。

大正12年8月21日、沼田町内の恵比島地区で、太子講(たいしこう、=聖徳太子を奉讃する講)の祭りが開催されました。
余興で上演される浪花節や人情芝居を目当てに、近隣の村落から多くの人々が詰め掛けました。

村民を熱狂させた祭りも午後11時半頃にはお開きとなり、祭りに参加していたその一団も、夜の山道を家路へと急いでいました。

一行が幌新本通りの沢に差し掛かった頃、小用のため50mほど遅れて歩いていた林謙三郎(19)が、突然現れた巨大なヒグマに背後から襲われました。
が、まだ若い彼は死力を尽くして暴れ、帯や着物を裂かれながらも何とか逃れることに成功。
前方を歩く一団に、このヒグマの存在を知らせました。

一方、先回りしたヒグマは、一団の先頭部を歩いていた村田幸次郎(15)を撲殺(ぼくさつ)。
その兄・由郎(18)に重傷を負わせると、彼を生きたまま土中に埋め、その遺体を腹部から食べ始めました。

パニックに陥った一団は、そこから300mほど離れた木造平屋建ての農家・持地乙松宅に逃げ込みます。
屋根裏や押入れの中に身を隠し、囲炉裏(いろり)にシラカバの樹皮を大量にくべて火を強めるなど、ヒグマに立ち向かう手はずを整えます。

やがて30分ほど経過した頃、件のヒグマが現われ、屋内に侵入。
ヒグマは囲炉裏で盛んに燃え上がる火を見ても恐れることもなく踏み消し、部屋の隅で恐怖に震えていた村田兄弟の母親・ウメ(56)を咥(くわ)え上げると、そのまま家を出ていこうとします。
夫・三太郎(54)は、半狂乱になってヒグマをスコップで打ち据えますが、その抵抗も虚しく、ヒグマは向かいの山中へと恐怖に叫ぶウメを引きずっていってしまいました。

妻子を奪われた三太郎はじめ避難民らは、心身ともに苦痛に苛(さいな)まれ、焦燥感(しょうそうかん)に駆られるばかりでした。
しかしながら、何の武器をも持たない彼らには、屋内に閉じこもってわが身を守る以外に打つ手はありません。

そして、むなしい思いの中で夜が明け、翌22日の朝がきたところで、事情を知らない村民が持地宅のそばを偶然通りかかりました。
屋内の一団は大声で助けを求め、既にヒグマが去ったことを確認すると、戸外へ転がり出ました。

近隣の藪の中で、ウメの遺体と土中に埋められた由郎が発見され、まだ息のあった由郎は、ただちに沼田市街の病院に送られましたが、結局病院で死亡しました。

2日後の24日に、在郷軍人、消防団、青年団など総勢300人あまりの応援部隊が幌新地区に到着。
さらに、幌新、恵比島の集落民のうち60歳未満の男子が残らず出動。
村始まって以来のヒグマ討伐隊(とうばつたい)が結成されました。
そして、死傷者を出すひと悶着があった末、ついに、ヒグマは鉄砲隊の一斉射撃により討ち取られました。


現在の沼田町は、北海道でも有数の米どころですが、開拓以前は面積の8割を原生林に覆われており、まさにヒグマの天地でした。
この環境の中で、開拓民とヒグマの接触事故は頻繁(ひんぱん)に発生し、「開拓小屋にクマが侵入し、収穫したてのトウキビ(トウモロコシ)を食われた」「収穫間近のトウキビを一晩で一反(10アール)分食われた」などの逸話(いつわ)には事欠きません。

昭和30年代になっても、共成、東予、更新、真布、さらに幌新など、町内各所にヒグマが出没し、農作物や家畜に被害を与えています。


ちなみに、この沼田町の町名は、町開拓の功労者沼田喜三郎の姓にちなんでつけられたものです。
また、恵比島駅付近は、NHKの朝の連続テレビ小説「すずらん」のロケ地として使われたことがあります。

参考にしたサイト
石狩沼田幌新事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/石狩沼田幌新事件
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「刑務所シック」?-ムショに戻りたくて警官に懇願した男
江戸の牢屋勤めは、クサくてツラい?
脱獄した囚人が、裁判官になったことがある?
危険なストレス解消法?
「金庫破りは体力が勝負」と、トレーニングした泥棒がいた?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告