ファックスは、何故電話回線で送れる?
ファックス

今ではメールが主流となりましたが、ビジネスなどでファックスを使う機会もまだまだ多いはずです。

が、良く考えてみると、電話というのは音を送るものです。
一体どういう仕組みで、絵や図などが送れるのでしょうか?

その仕組みは、意外と簡単です。
そもそも、電話機は、音を直接送っていません。
いったん、電気信号に変えてから送っています。
そして、相手側の電話機で、この電気信号を、再び音に戻しています。

同じように、”ファックスもまた、絵や図をいったん電気信号に変えてから送っているのです”。

ファックスに原稿をセットして、送信ボタンを押すと、原稿が1枚ずつ、ゆっくりとファックスの中に入っていきます。
このとき、ファックスは、原稿の黒い部分や白い部分を読み取り、電気信号に変えているのです。
具体的には、原稿を水平な線で区切り、1本の線は1ミリ当たり8個の点に分解します。
そして、この点が白か黒かを電気信号に変えて、電話回線と電話局の交換機を通して、相手に送っているのです。

受信側のファックスでは、受け取った電気信号を、この逆の操作をして絵に変え、記録紙に再現します。
このとき、元の絵と位置がずれないように再現しているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ザーサイは、もともとどんな植物?
灯油ポンプは、サイフォンとスポイトの合体?
将棋の「歩」の裏にある「と」の正体は?
「ポリアンナ症候群」とは?
クジャクの羽は、何故目玉模様?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告