飛行機雲は、どうしてできる?
飛行機雲

飛行機雲2

飛行機雲3

青空に、ほうき星のようなひと筋を残したり、ときには文字やマークを書いたりと、飛行機雲のいたずらはなかなか楽しめるものです。

が、何故そのような雲ができるのでしょうか?
また、普通の雲とは何が違うのでしょうか?

飛行機雲の正体は、普通の雲と同じように水蒸気が凝結(ぎょうけつ)したものです。
水蒸気は、冷たい空気中で、凝結の核(かく)となるものがあると、細かい氷の粒になる性質があります。
この氷晶(ひょうしょう)の集まりが雲です。

飛行機雲の場合は、エンジから出る排気中に含まれるチリが凝結核となり、これが上空の冷たくて湿った空気中の水蒸気を氷晶にします。

また、排気中に、水蒸気が多く含まれている場合にも、雲ができます。


ちなみに、珍しい現象として、飛行機が通るときに、排気の熱が、既にあった雲を消してしまうことがあるそうです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ビールなら大量に飲めるのに、水だと飲めないのは何故?
玄関先で、履物をそろえる意外な意味とは?
神社で拍手を打つ、そもそもの意味は?
キリンは、立ちくらみしない?
塀に書いてある鳥居マークの由来は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告