日本酒やワインに、アルコール20度以上のものがないのは何故?
酒樽 酒

日本酒は、酵母(こうぼ)を使って、原料であるお米や麦などの穀物(こくもつ)を、アルコール発酵させてつくります。
酒は、酵母が糖をアルコールに変えることによってできます。
が、このとき、いくら多量の糖を使い、強いアルコールをつくろうとしても、限界があります。
日本酒で、せいぜい20度くらい、ワインも18度くらいが限界です。

これは、ある一定のところまでアルコールの量が増えると、酵母が自分自身のつくったアルコールで殺菌されてしまい、酵母の増殖(ぞうしょく)が止まってしまうという、おかしなことが起こるためです。

酵母の増殖が止まってしまうアルコールの濃度は、発酵の条件や酵母の種類によって違いますが、20度くらいが限界です。

一方、ウイスキーは、40度以上もあります。
これは、蒸留(じょうりゅう)させてつくっているためです。

水の沸点(ふってん)は100度ですが、アルコールの沸点は78.5度。
なので、その間の温度にすれば、アルコールはどんどん蒸発してきます。

それで、アルコールだけを集めることができるわけです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
美女のみをリストラした、徳川吉宗のするどい思惑とは?
ツムジの流れは、何で決まる?
消防車は、赤のペンキで塗装する前に、一度ピンクに塗られる?
フグは、海にいるのに何故「河豚」と書く?
時計のディスプレイは、何故10時10分?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)