クラゲの針は、意外と高度な仕組み?
クラゲ

夏もそろそろ終わりに近づく頃、海水浴場にはクラゲが押し寄せてきます。
クラゲに刺されたことがある方はご存知だと思いますが、刺されたときの、しびれたような痛みや、真っ赤な腫(は)れようは、虫刺されの比ではありません。

あの嫌な相手の襲来(しゅうらい)に備えて、敵を知るために、クラゲのの仕組みを調べておくと良いです。

クラゲのかさの下からは、何本もの触手(しょくしゅ)が出ています。
それらの触手の表面には、刺胞(しほう)という細胞があります。
これは、文字通り、刺す機能をもった細胞です。
この細胞の中には、”長くて細い針状の管が、ぜんまいのように巻かれて入っています”。
そして、おまけに毒薬も入っているのです。

これが、クラゲの憎き毒針の正体です。

そして、触手が人や魚に触れた瞬間、ゼンマイ式の管が飛び出して長く伸び、刺して毒液を送り出すのです。

クラゲは、腔腸(こうちょう)動物といって、下等で原始的で単純な生物の仲間とされています。
が、この毒針の仕組みは、なかなかのもの。
侮れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
船の速度は、どうやって計測している?
売れ残った宝くじの中に、当選番号があったらどうなる?
ジョギングの創始者・ジェームス・フィックスは、ジョギング中に死んだ?
電力量計は、「アラゴの円板」の原理を利用している?
「七宝」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告