自動車のタイヤと飛行機のタイヤの違いは?
自動車のタイヤには空気が入っていますが、飛行機のタイヤには、事故による火災を防ぐために、窒素ガスが入っています。
また、飛行機のタイヤには、タイヤが横滑りするのを防ぐため、縦に刻みが入っています。

飛行機のタイヤ
飛行機のタイヤ
写真は、こちらからお借りしました。

また、当然のことながら、飛行機のタイヤは、自動車のタイヤとは異なり、飛行機の重量を支えながら離着陸を繰り返すという過酷な条件下で使用されるため、高耐久性、高耐加重、高内圧などが要求されます。

参考にしたサイト
航空機用タイヤ - ブリヂストン
http://www.bridgestone.co.jp/aircrafttire/technology.html
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
船の速度は、どうやって計測している?
「キーン・コーン・カーン・コーン」の学校のチャイムは、ロンドンのビッグ・ベンの鐘の音と同じ?
虫歯があると、宇宙飛行士になれない?
学校のプールは、何故25m?
「いなたい」とは?

広告

雑学 | Trackback(0) | Comments(2) |
コメント
飛行機一機のタイヤは全部で何個?
また、タイヤ一本でどれくらいの重さに耐えられるのでしょうか。
| 2008-07-13 日 00:34:37
Re:飛行機一機のタイヤは全部で何個?
疑問君さん、いらっしゃいませ。v-410
質問ありがとうございます。

この件、調べてみました。
タイヤの個数は飛行機の種類によって違うようですが、例えばジャンボジェット機では、基本的に前脚1本(タイヤは2個)と、主脚4本(タイヤは4X4の16個)の合計18個のタイヤが使われてるようです。

以下にジャンボジャット機(ボーイング747)の写真へのリンクを張りますので、良かったら数えてみてくださいね。
http://www.airliners.net/open.file/1022532/L/

また、タイヤ1本の耐加重に関しては明確な数字を見つけることができませんでしたが、ボーイング747の最大離陸重量が395トンで、これを18個のタイヤで支えていることから考えると、単純計算で、タイヤ1個あたりの耐加重は約21.95トン以上となります。

日記(本文)の方に、「参考にしたサイト」として、航空機用タイヤのデータのあるリンクを張っておきますので、そちらも覗いてみてくださいね。目から鱗のデータが満載です。
| 2008-07-15 火 15:07:50
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告