板さんに学ぶ、魚の上手な焼き方とは?
秋刀魚焼き

自宅で魚を焼く場合、網に身が焦(こ)げついて難儀(なんぎ)することがあります。
これを防ぐには、魚を火にのせる前に網を焼いておくと良いです。
そのあとで魚をのせると、あら不思議! 何故かこげた身がくっつかないから不思議です。

プロの板前にいわせると、魚は「遠火の強火」で焼くのがコツ。
ガス台で焼くのなら、脚のついた網火をもちいて、火を強めにして焼くとむらなく焼けます。
これなら、焦げ目も具合よくつくはずです。
もっとも、干乾しの魚の場合は、中火のほうがうまくいきます。

また、魚を串焼きにした際は、強引に引っぱって抜こうとすると、魚の形がくずれてしまうものです。
こんなときは、魚に布巾(ふきん)を当てて軽く左手で押さえながら、右手で串をまわすようにして抜くと、すっとぬけて形をくずさずにすみます。

なお、魚の焼き具合は、目玉を見て判断するのがコツです。
目の色が白くなったら、魚全体も焼きあがっていると判断して良いです。
よく、生焼きの魚を食卓に出す主婦がいますが、そうしたミスは、このコツを知っておけば防ぐことができます。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
うなぎとステーキ、スタミナがつくのはどっち?
「食品添加物」とは?
Windowsを一発でロックするには?
口臭を消すには?
リュックサックをラクに背負うコツは?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告