貝にある「舌のような物体」は、一体何?
アサリ

アサリやハマグリなどの二枚には、2本の管と、何やらベロベロした舌のようなものがついています。

これは、一体何なのでしょうか?

まず、管の役目は、水を吸う口と吐き出す口です。
一方の口から海水を吸い込んで、水中の酸素やプランクトンを体内に取り入れたのち、もう一方の管から不要な水を排出するのです。
これは、他の多くの貝類や海中の軟体動物と同じ方式です。

それでは、舌のような物体の正体は?

これは、実は貝にとって舌ではなく、足なのです。
普段は貝殻の端、足のある方の端を泥や砂の中に埋めるようにして、しっかりと立っています。
そして、いざ移動するときには、貝殻の隙間からこの足を出し、海底を「グイッ!」と押しながら前進します。

潮干狩りの際に、干潟(ひがた)から掘り出されたアサリが、砂をたたきつけるようにして勢いよく動き回ることもあります。
宙にこそ浮かばないものの、勢いよく跳ねまわるといった感じです。
こうした光景を見ると、あり余る元気に驚かされたりもしますが、あれは、不意打ちをくらって砂の上に出されたアサリの、精一杯の逃げ足なのかも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができる?
「今年の漢字」とは?
「とどのつまり」のとどって何?
ハンカチは、何故正方形?
現在、健康器具として知られているルームランナーは、もともと拷問用器具だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告