大昔の日本人は、カタツムリをおししく食べていた?
カタツムリ
 
キライな人にとっては、見るのも嫌だというエスカルゴ。
ましてや、食べるなんてとんでもない、と思う方もいると思います。
が、一度そのおいしさに目覚めると、ヤミツキになってしまうといいます。

フランス料理でよく食べられているエスカルゴ。
日本語に訳せばカタツムリとなりますが、実は違う種類。
むしろ、貝の一種と理解した方が良いようです。

それでは、日本のカタツムリの味はどうなのでしょうか?

誰も料理していないところをみると、たぶん日本人の口には合わないものと思われます。
といっても、それは現代日本での話しで、古代の人たちはちゃんと食べていたのです。

何故そんなことが分かったのかといえば、石器時代の古代遺跡(こだいいせき)から出土した糞石(ふんせき)から、カタツムリの殻(から)が出てきたからなのです。
糞石というのは、腸の中で石のように固くなった糞が、そのまま残されたものです。
早い話しが、便秘の人の宿便(しゅくべん)ですね。
考古学では、この糞石を根気よくお湯に溶かして詳細(しょうさい)に分析し、古代人がどんな物を食べていたのかを詳しく調べるのです。

昆虫の甲殻(こうかく)や、魚の骨なども出てくることから、おそらく当時は、殻ごと、骨ごとまるまる食べていたと思われます。
しかしながら、それが現代のエスカルゴほどおいしいものだったかどうかは、昔の人に聞いてみないことには分かりません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「新年明けましておめでとうございます」は誤り?
スマホでは、スズムシの鳴き声は聞こえない?
水引き結びに隠された意味とは?
「新米」社員の新米は、お米とはまったく関係がない?
「上野の西郷隆盛像」の除幕式で、西郷の妻が口にした驚きの一言とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告