古い野菜を新鮮に見せるには?
野菜

スーパーなどで野菜を買ったとき、売り場ではあれほど新鮮でみずみずしく見えていたものが、家に帰って台所のまな板にのせてみると、しなっとしていて少しも新鮮ではない。
そんなことが、時折あります。

これは、店内で使われている蛍光灯(けいこうとう)の光が、野菜の色と艶(つや)を演出し、また、霧吹きなどで吹きつけられた水滴が、いかにも野菜を新鮮に見せていたからです。

そんな演出にだまされて、古い野菜を買ってしまったときには、家庭でもこの方法を応用して、野菜を新鮮に見せてはいかがでしょうか?

が、買ってもらうわけではないので、スーパーほど凝ったことをしなくともOKです。
買ってきた野菜を、すぐ水にひたしておく、これだけで良いです。
これだけで、野菜は一時的にみずみずしく、一見新鮮にみえてきます。

ただし、こうした細工をした野菜は、ビタミンCの含有量(がんゆうりょう)が、しおれていたときよりも、さらに少なくなっています。

いわば、「見た目をとるか、ビタミンCをとるか、それが問題だ」、ですね。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
つい手がのびてしまう、品切れトリックにご注意!
短時間で、正座による足のしびれをとる方法とは?
板さんに学ぶ、魚の上手な焼き方とは?
「夏バテにうなぎ」はもう古い?
生卵かゆで卵か、割らずに見分けるには?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告