ロウソク1本で、部屋を明るくする賢い方法は?
ロウソク

台風や地震などで、突然停電になり、数時間をロウソク1本で過ごさなければならない。
今日は、このようなときに役に立つテクニックをご紹介します。

明るい場所での生活に慣れている私たちにとって、ロウソクの光はとても弱く、非常に困ってしまいます。
が、暗い、暗いと嘆いていてばかりいても始まりません。

こうしたときは、電気スタンドに手鏡(てかがみ)をくくりつけ、それをロウソクの火の前に置いて、光を反射させてやると良いです。
かすかなロウソクの光が倍加(ばいか)され、かなり部屋が明るくなります。
手鏡がない場合には、アルミホイールを一度くしゃくしゃにして広げて、邪魔にならない所に広げます。

また、ロウソクの設置に不安があるときは、金属製のボール、またはトレーに水を引き、そこにローソクを置きます。
もしもあれば、剣山(けんざん)にロウを溶かして、固着(こちゃく)させます。
こうしておけば、たとえ再度地震がきたとしても安心です。

こんな知恵ひとつで、突然のロビンソン・クルーソー生活も、がぜん快適になるものです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
小さい物を大きく写す、秘密のテクニックとは?
満載と空荷のトラック、早く止まれるのはどっち?
包丁で指を切ったら、舐めてはいけない?
「片鼻呼吸法」で心が落ち着く?
財布を見れば、その人の人柄が分かる?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告