隣家の火事から逃げる、まじめな方法は?
火事

夜中に、ふと目を覚ますと、外は真っ赤。
なんと、隣りの家が火事で燃えているではありませんか!

こんなときは、どうしたら良いでしょうか?

まずは、”とにかく逃げる”というのが正解です。
枕ではなく、貴重品を持ち出せれば、なお良いです。

類焼(るいしょう=もらい火)を防ごうとするならば、雨戸をしめて、外から水をかけるという手もあります。
が、さて、問題はその余裕があるかです。

隣りの家が木造の場合は、焼け落ちてしまうまで、約10分しか時間がありません。
その間に、先の作業が間に合わず、あなたの家に燃え移ることは、風向きなどの関係で十分にあり得ます。

しかし、マンションの場合には、隣りに燃え移る可能性はずっと低いです。
もちろん、だからといって、逃げなくて良いということではありません。

特に、ガス爆発が起きたようなときには、縦・横ともに(特に上の階)被害が及ぶからです。

やはり、火事は逃げるが勝ちなのです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
有害物質を含む「身近な野菜」とは?
備長炭で調理すると、何故おいしくなる?-備長炭の秘密
パソコンを即シャットダウンするには?
ス-ツだけでなく、ネクタイも買わせるワザとは?
カラオケののどの痛みには、梅干しが効く?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告