子供の生まれにくい土地がある?
日本には、4000メートルを超える高山がないためか、高山病はあまり身近な病気ではないかも知れません。

高山で双眼鏡を覗く子供

高山病は、酸素不足から起こる病気で、主な症状は、頭痛、めまい、息切れなどです。
ひどくなると、意識障害が生じます。

また、長期間高地で暮らせば、不妊症をもたらします。

以下のような話があります。

16世紀の半ば頃、アメリカ大陸に渡ってきたスペイン人の一部が、高度4000メートルのポトンという土地に入植したときのことです。

開拓民(かいたくみん)にとっては、人手を増やすという意味でも、子供は大切です。
ところが、入植後、彼らの間にぱたりと子供が生まれなくなってしまったのです。
そして、やっと最初の子供が誕生したのが、なんと、入植してから53年も経(た)ってからだったというのです。

この原因として考えられたのが、

1.酸素の減少や気圧の低さが、生殖に関係するホルモンの分泌(ぶんぴつ)を減少させるなどして、生殖機能を低下させる
2.女性の胎盤(たいばん)が、高地で胎児(たいじ)を育てられるようにつくられていないために、流産や死産になってしまう

という2点です。

彼らが4000メートル以上の環境に適応するためには、半世紀以上の歳月が必要だったのです!

なお、日本人の場合は、高度1500メートルくらいまでは、体にそう大きな変化は見られません。
が、それ以上になると、1000メートルごとに、体に取り込める酸素の最大量が、平均10%ほど減少するといわれています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
象の耳は、何故あんなに大きい?
体脂肪計は、電気で体脂肪を測定していた?
パンダの消化器は、実は笹を食べるのに適していない?
野生の動物には、何故太ったものがいない?
「フランダースの犬」の主人公「ネロ」は、最初何と訳された?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告