鳥は、何故電線や枝にとまったまま、眠ることができる?
立ったまま眠れる、ということに関しては、鳥よりも上手なものはいないでしょう。
鳥の中には、木の枝や電線に止まったままで眠れるものもいれば、ツルのように一本足で立ったまま眠るものもいます。

それにしても、鳥はとても細い足をしています。
あんなに細い足で、大きな体を支えるという、不安定なかっこうをした鳥が、何故立ったまま眠ることができるのでしょうか?

木の枝にとまる鳥
木の枝にとまる鳥

その謎をとくカギは、鳥の足指の腱(けん)の構造にあります。
この腱は、足の上の方の筋肉とつながっています。
そして、引っ張られると、足指が自動的にグッと曲げられて、しっかりと木の枝や電線をつかめる仕組みになっているのです。

彼らがリラックスしてしゃがみ込むと、自身の体重で足指の腱が引っ張られ、指がぐっと曲げられ、枝を握りこみます。
なので、そのまま眠ってしまっても、ますますきつく、しっかりと枝が握り込まれるだけで、問題ないのです。

換言(かんげん)すれば、鳥の足指は、生きている限り、木の枝を握っているのが普通であるような構造になっているということなのです。

参考にしたサイト
鳥は木の枝の上で寝ていても落ちないのでしょうか??? - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q149748319
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ケミカルライトは、蛍の光がモデルだった?
商品化されていることに驚くアイディアグッズランキング
「ムーアの法則」とは?
点滴を受けていると、何故空腹を感じない?
カールは、油であげていない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告