昆虫は、死ぬと何故あお向けになる?
セミ、クワガタ、コオロギ、テントウムシなど、昆虫の死骸(しがい)は、ほとんどきまってあお向けのかっこうとなっています。
これは一体、何故なのでしょうか?

アブラゼミ
アブラゼミ

結論を先にいえば、それが彼らにとって本当の休息の姿である、ということです。

昆虫には、3対、6本の足があります。
このように足の数が多くて細いのは、体重を上手に分散させて、どこにでも軽々とバランスよく止まれるためだといわれています。

その6本の足を、乱すことなく屈伸させて動き回る姿は見事なものですが、これはもちろん、私たちと同様、筋肉が関節を統制(とうせい)しているからです。

ところが、死んでしまうと、その筋肉は化学変化を起こして収縮(しゅうしゅく)してしまいます。
そのため、足は内側に折り曲げられて体の重さを支えきれなくなり、コロリとひっくり返って、永遠の眠りに入るわけです。

チョウの場合は、あお向けではなく、横倒しのかっこうになりますが、これは大きな羽があるためで、体の重さを支えられないという理由は同じです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ホットドッグの中身は、ダックスフント?
五線星型に秘められた、ミラクルパワーとは?
飛行機は全面禁煙だが、灰皿がないと離陸できない?
日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?
犬の年齢の数え方は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告