あまりに悪質な手法、「ヘッドハンティング詐欺」にご用心!
ヘッドハンティング 面接 脚を組む

ヘッドハンティングというのは、本来他社から優秀な人材を集めるために行なわれるもので、日本でも当たり前のことになってきています。
この不況下で、終身雇用制(しゅうしんこようせい)や年功序列(ねんこうじょれつ)といったシステムが崩れ、会社への忠誠心が薄らいできたからでしょう。

しかし、このご時世、そうそううまい話しがころがっているわけはありません。
「自分を認めて欲しい」という人間の心理につけ込んだ、「ヘッドハンティング詐欺(さぎ)」なるものも登場しています。

この詐欺の手口は、おおむね以下の通りです。
まず詐欺師は、ヘッドハンティング会社のスカウトだと名乗り、あなたに接触してきます。
そして、以下のようにいいます。

「A社が、優秀な人材を探しています。一度話しを聞いてもらえませんか?」

これが、彼らの常套句(じょうとうく)です。
もちろん、A社は、名のある大企業です。

そして、

「ところで、…」

と、詐欺師は続けてきます。

「ヘッドハンティングというのは、極秘裏(ごくひり)に行なわれなければなりません。話しが洩(も)れて、引き留めがはじまってはまずいからです。くれぐれも、他言(たごん)はしないでください。A社に直接お尋ねになっても、この話しは存在しないことになっています」

そうして、あなたがこの話しを信じ込み、契約書にサインをし、多額の保証金を相手に預けたところで、詐欺師の勝ち。詐欺師は、さっさとトンヅラを決め込むでしょう。

この詐欺のポイントは、巧みに「ないしょ話し」を仕掛けているところにあります。
本物のヘッドハンティングも、このような手順で進められるので、疑う人は少ないのです。
何よりも、スカウトの話しがくるというのは、誰にとってもうれしいこと。
そこに、心のスキができてしまいます。
そして詐欺師は、そこにつけ込むのです。

最近では、このヘッドハンティング詐欺が、悪質なリストラの方法として使われることもあるといいます。
会社が、業者に頼んで、リストラしたい人に声を掛けさせ、その人が少しでも応じたら、退職を促す口実にするのです。

やはり、うまい話しにはのらないよう、ご用心!
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
短時間で、正座による足のしびれをとる方法とは?
見た目の悪い「貧乏ゆすり」には、実は驚くべき健康効果があった?
ジャムを作るときに、レモン汁を入れるのは何故?
「々」を一発で変換するには?
隣家の火事から逃げる、まじめな方法は?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告