世界一広い地下空間は?
地下の洞窟(どうくつ)には、ときとして広大な空間をもつところがあります。

日本では、山口県の中西部秋芳町(しゅうほうちょう)にある秋芳洞(あきよしどう)の中に80m×175m×35mほどの大空間がありますが、世界最大の地下空間とされるのは、ボルネオ島のマレーシア領内サラワク州グヌン・ムル国立公園にある「サラワクチャンバー(Sarawak Chamber)」です。

Sarawak Chamber
写真は、こちらからお借りしました。

Sarawak Chamber3
写真は、こちらからお借りしました。

サラワクチャンバーの長さは、700m×幅400m×高さ80mといわれており、このサイズは、それまで最大の地下空洞と考えられていた、アメリカのニューメキシコ州にあるカールズバッド洞窟群国立公園(Carlsbad Caverns National Park)の3倍の大きさとなります。

その巨大さは、強力なランプの光量でも反対側の壁を照らすことができないほどで、ジャンボジェットであれば40機も入ってしまうという、想像を超えた広さです。

ちなみに、東京ドームの大きさは高さ約60m×幅約240mなので、サラワクチャンバーの中に、余裕で収まってしまいます。

Sarawak Chamber2.
写真は、こちらからお借りしました。


サラワクチャンバーは Good Luck Cave(グッドラック・ケイブ)と呼ばれる洞窟の中にあり、洞窟内には水が流れているところもあるため、途中で泳いだり水路を横断したりする必要があります。

また、洞窟の入り口までは国立公園の本部から徒歩で3~4時間歩く必要があり、夜間行動ができないため、キャンプを行ないながらの行程となります。

参考にしたサイト
【おお勇者よ!】RPG気分が味わえる世界の城・遺跡・洞窟
http://matome.naver.jp/odai/2134088421831999501/2134718190589476303
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
無洗米は、何で洗ったお米?
「CISO」とは?
「GABA」とは? またその効能は?-脳内の血流を活発にして健康を保つ驚きのパワー
「メンヘラ」とは?
指名手配写真がはじめて配布された犯人は、その制度を作った張本人、江藤新平?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告