部屋が増える? 魔法のホテル
ホテル

まずは、次の文章をお読みください。


あるホテルに、10人の旅行者が泊まろうとしました。
が、その日は宿泊の予約が多く、空き部屋は2階の9部屋しかありません。

支配人は、しばらく考えてから、

「分かりました。何とかいたしましょう」

といい、最初のお客に、

「Aさん、おそれ入りますが、しばらくここでお待ちください」

というと、ロビーに案内しました。

そうしておいて、彼は201号室にふたり目のお客を入れ、202号室に3人目のお客、203号室に4人目のお客、204号室に5人目のお客、205号室に6人目のお客、206号室に7人目のお客、207号室に8人目のお客、208号室に9人目のお客を入れました。

それから、ロビーに戻り、

「Aさん、おまたせいたしました。209号室にどうぞ」

といいました。


さて、この話しに、どこか矛盾はないでしょうか?
あるとすれば、おかしいのはどこでしょうか?

ホテルのエントランス

実は、これは19世紀の数学者・ペーター・グスタフ・ディリクレ(Johann Peter Gustav Lejeune Dirichlet、1805年 - 1859年)の「部屋割り論法」と呼ばれる古典的パズルです。

ペーター・グスタフ・ディリクレ
ペーター・グスタフ・ディリクレ
写真は、こちらからお借りしました。

落ち着いて、よく読めばお分かりと思いますが、支配人は10人目のお客を部屋に案内していません。
Aさんが、ひとり目のお客と、10人目のお客の「一人二役」を演じる形になってしまっているのです。

まあ、実際のホテルで、こんな対応をしたら、すぐにバレてしまうでしょうけれど。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
乳飲料のパッケージに良く書かれている「生乳」は、牛乳とは違う?
貝にある「舌のような物体」は、一体何?
石焼きイモ屋のイモは、何故家庭で作るよりも甘い?
ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?
スペースシャトルが地球を一周する時間は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告