家庭用カメラで、プロ顔負けにとる方法とは?
カメラ オートフォーカス

”オートフォーカス”だのなんだのと、カメラの技術は進むいっぽうです。
カメラマンの腕前とは関係なく、誰でもきれいに撮(と)れるようになったのはありがたいことですが、残された問題は被写体の方。
美しい人は問題ありませんが、そうでない人はカメラの性能が良いだけに、あまりにありのままに写るので、ますます被写体になりたがりません。

しかし、こんなときにもコツはあります。
クッキリハッキリが嫌いな被写体は、少し目先をかえて、”ソフトフォーカス”でムード満点に撮ってあげましょう。

これは、プロのカメラマンが頻繁に使う方法で、ちょっと焦点を甘くして、画面にやわらかな調子を与えるものです。

プロは、レンズの透けるような薄布をかけたり、セロファンやスリガラスを通して撮るなど、さまざまなテクニックを駆使(くし)しますが、アマチュアがマネをしてもうまくいくものではありません。

ここは、アマ流にレンズに息をハァーと吹きかけるだけで十分です。
レンズが曇ったところで、すばやくシャッターを押せば、お手軽ソフトフォーカスとなります。
このとき、ムラにならないよう、均一に息をふきかけるのがコツです。

この技法をうまく使えば、女性は優しく神秘的な美人に、風景は幻想的に撮れて、本物以上に仕上がります。
なので、もしも見合い写真がソフトフォーカスだったら――真実を写したとは思わないほうが良いです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ものもらいを治すには?
ペンキの臭いを素早く消すコツは?
隣家の火事から逃げる、まじめな方法は?
ずぶ濡れになった本は、凍らせると復活する?
テストの成績を上げる4つの勉強法とは?-これは試したい!

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告