「年寄りの冷や水」とは?
年寄り ことわざ

年寄りは、体が弱っているので、若い者のようにつめたい水をがぶがぶ飲むと、体に悪い。
「年寄りの冷や水」は、それをあえて飲むことをいったことわざです。
そして、このことわざは、そこから広く、年寄りに似合わない無理なことをする意に使われます。

冷水は、幼年・少年・青年の時代に好んで飲み、壮年の時代になるとあまり飲まなくなります。
が、老年の時代になると再び好んで飲むようになる、というのが普通の人の生涯に一般的に見られるパターンのようです。
年寄りは子供に帰るといわれますが、妙に子供のようにつめたい水を飲みたがります。
そして、つい胃腸を悪くしてしまうものなのです。

このことわざはまず、こうした事象をとらえているのですが、冷水を飲むことに限らず、自分の年を考えないで、無理なことをしようとする場合や、無理なことをして失敗した場合などに、このことわざが警告や揶揄(やゆ)の言葉として使われます。
年寄りにとってはくやしいことわざですが、事実なので仕方がありません。

ちなみに、同じ趣旨のことわざに、

老いの木登り
年寄りの力自慢

というのもあります。
年寄りが木に登ったり、力自慢をしている姿はあわれでもあり、あさましくもあるものです。
年寄りは、やはり静かにわが身をいたわっている方がふさわしいようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ラムネが庶民に広がったきっかけは、コレラ騒動から?
ジャガイモを光に当てると、青くなるのは何故?
「働きバチ」は、あまり働かない?
バーコードの発明者は誰?
ティラノサウルスは走れない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告