ブタの貯金箱のルーツは、イギリスの陶芸職人の勘違いから生まれた?
ブタの貯金箱

お金を入れて置く、オレンジ色の粘土でつくられた陶器を、「ビッグ」と呼んでいました。
が、この「ビッグ」を、イギリスの陶芸職人がブタ(ピッグ)と勘違いして、ブタの貯金箱をつくったところ、世界中で人気となりました。

つまり、ブタの貯金箱は、イギリスの陶芸職人の勘違いから生まれたのでした。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
布団を干したあとの「お日様の匂い」が、実はダニの死臭だったって本当?
「一富士、二鷹、三茄子」とは?
「千葉笑い」とは、どんな笑い?
オカマが女湯に入ったら、何の罪?
漢数字を一から十まで書けますか?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告