ブタの貯金箱のルーツは、イギリスの陶芸職人の勘違いから生まれた?
ブタの貯金箱

お金を入れて置く、オレンジ色の粘土でつくられた陶器を、「ビッグ」と呼んでいました。
が、この「ビッグ」を、イギリスの陶芸職人がブタ(ピッグ)と勘違いして、ブタの貯金箱をつくったところ、世界中で人気となりました。

つまり、ブタの貯金箱は、イギリスの陶芸職人の勘違いから生まれたのでした。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
なんと、「オジサン」という名前の魚がいる?
ウサギの耳は、何故大きい?
ドライアイスから立ちのぼる「煙」の正体は、二酸化炭素ではない?
在宅診療と往診の違いは?
バレンタインデーの始まりは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)