現在、健康器具として知られているルームランナーは、もともと拷問用器具だった?
ルームランナーは、英語では普通treadmill(トレッドミル)と呼ばれます。
treadは踏む、millは製粉という意味で、treadmillというのは、水車を人が踏み、これを動力にして製粉したり、ポンプにして水をくみ上げたりする機械のことです。

treadmilは、もともと囚人の拷問用器具として開発されたもので、1817年にイギリスのWilliam Cubittという人が作ったとされます。
その目的は、囚人がだらけないように、勤勉の心を得るようにということで、獄舎内で小麦をひかせたりしていました。
この機械は、中空の大きなシリンダーの外側にステップがついているデザインで、水をくみあげたり、鉱山での換気に使える能力も有していました。

南アフリカ、ケープタウンのブレイクォーター刑務所※で使われたトレッドミル
南アフリカ、ケープタウンのブレイクォーター刑務所で使われたトレッドドミル

ちなみに、現代の心臓病などに対するエクササイズマシンとしてのトレッドミルは、1952年にアメリカのワシントン大学で開発されました。
そして、1968年のケネス・クーパーの無酸素運動(アエロビクス)理論が、トレッドミルや自転車こぎの普及を後押ししました。

1980年の夏季オリンピックにてオリンピック村の医療センターで使われたトレッドミル
1980年の夏季オリンピックにてオリンピック村の医療センターで使われたトレッドミル

また、この年にAerobics社が家庭用のトレッドミルを作ったとのことです。


※現在、この刑務所は改装されて、「ブレイクウォーター・ロッジ」という名のホテルになっているようです。

参考にしたサイト
健康器具「ルームランナー」の歴史について調べています。
http://q.hatena.ne.jp/1243963634
Treadmill - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Treadmill#Exercise_treadmills
本物の刑務所がホテルになっちゃった - Excite Bit コネタ
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1224666109214.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
電車のレールのカーブの部分は、どうやって曲げている?
ポテトチップスは、料理人の意地から生まれた?-ポテトチップス誕生秘話
赤ちゃんも夢を見る?
ハイヒールを流行らせたのは、フランスのルイ14世だった?
クレヨンとクレパスの違いは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告