奈良公園にいる鹿1370頭は、人間が一頭ずつ正確にカウントしている?
奈良県奈良市にある「奈良公園」は、正式名称は「奈良県立都市公園 奈良公園」といい、総面積は502ヘクタール、周辺の興福寺、東大寺、春日大社、奈良国立博物館、なども含めると、およそ660ヘクタールに及びます。

公園内には多くの国宝指定・世界遺産登録物件があり、年間を通じて、日本国内及び海外から多くの観光客が訪れ、日本を代表する観光地の一つとなっています。

なかでも、奈良の大仏や1000頭以上にものぼる鹿は国際的にも有名で、奈良観光のメインとなっており、修学旅行生の姿も多く見られます。

奈良公園の鹿
写真は、こちらからお借りしました。

さて、この鹿の頭数ですが、これは毎年、一般財団法人「奈良の鹿愛護会」が実施しています。
2012年(平成24年)7月の頭数調査結果は、鹿苑収容を含む1370頭でした(公園内1079頭、鹿苑291頭)。

数え方は、公園を数ブロックに分けて、数人編成のチームで鹿を数えます。
2日で2回の調査を行ない、その平均値を最終報告しています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
体が乾燥しても生き続ける小さな虫がいる?
「耳かき」のフサフサの部分の名前は何?
コピー用紙を43回折ることができれば、月に届く距離になる?
将棋の「歩」の裏にある「と」の正体は?
「姑息」を卑怯という意味で使うのは誤り?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告