渋谷駅前の「モヤイ像」は、実は日本産?
東京・渋谷駅にあるモヤイ像は、「モ”ア”イ」ではなく、「モ”ヤ”イ」となっていますが、これには意味があります。
実は、モヤイ像とは、伊豆諸島・新島(にいじま)の名物の石像(せきぞう)のことなのです。

渋谷駅西口 モヤイ像
渋谷駅西口 モヤイ像
写真は、こちらからお借りしました。

「モヤイ」とは、新島の方言で、「力を合わせる」という意味です。
新島特産の抗火石(こうかせき)を使った石像を、イースター島のモアイ像に引っかけて「モヤイ像」と呼んでいます。

渋谷駅のモヤイ像は、渋谷区の青少年センターが新島にあることから、1980年(昭和55年)に、区と島の交流を深めるために建てられたものなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
選挙の投票用紙は、いつまで保管されている?
日本の苗字ベスト10は?
牛の4つの胃袋の名前は?
「Q&Aサイト」とは?
「hoge」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告