世界遺産に選ばれた現在の富士山は、三代目?
富士山

初代の富士山は、約70万年前に噴火してできた「小御岳(こみたけ)」で、標高は2500m程度でした。

その後、8万年前の噴火で誕生した二代目は、初代富士山の上に溶岩や火山灰が覆いかぶり、2700mまで高くなりました。

そして、現在の富士山は、1万数千年前の噴火でできたものです。
今日のようにシンメトリーな稜線(りょうせん)ができたのは、約8000年前のことです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
国際会議の「G7」のGは何の略?
一級河川と二級河川の違いは?
犬もあくびをする?
漢数字を一から十まで書けますか?
ジャガイモを光に当てると、青くなるのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告