えっ! 江戸時代、オナラをした娘の身代わりになる役職があった?
オナラ 鼻をつまむ 女性

江戸時代、良家の娘に仕えて、その娘が人前でオナラをしてしまった場合、自分が放屁(ほうひ)したことにして、娘に代わって非難を受ける役職の女子がいました。

この女子を、「屁負い比丘尼(へおいびくに)」といいます。

屁負い比丘尼は、常に良家の娘に付き添って、娘が放屁をしてしまった場合には、それを自分がしたことにして、いわば身代わりになったわけです。

時代劇をみていても分からない事柄ですが、このような職業があったということから、江戸時代には、オナラをすることは、今以上に、特に女性にとってとても恥ずかしいことだと考えられていたことが分かります。

参考にしたサイト
へおいびくにとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%B8%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%B3%E3%81%8F%E3%81%AB
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ヘビの舌は、何故2つに割れている?
猫の耳は、超音波探知機?
缶詰のフタの丸いデコボコは?
宇宙と宇宙空間について、私たちが知っておくべきこと
ハイヒールを流行らせたのは、フランスのルイ14世だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告