人類初の有人飛行に成功したライト兄弟のうち、最初に飛んだのはどっち?
1903年に、人類初の有人動力飛行に成功したライト兄弟の名前は、誰でも知っていることでしょう。

ライト兄弟-ウィルバー・ライト と オービル・ライト
ライト兄弟-ウィルバー・ライト と オービル・ライト
写真は、こちらからお借りしました。

しかしながら、彼らが開発した「フライヤー号」は1人乗りで、厳密にいえば兄弟のどちらかが「人類初」のはずです。

ライト兄弟の飛行は、最初は弟のオービル(Orville Wright)、次に兄のウィルバー(Wilbur Wright)というように交互に搭乗しており、合計4回飛行しています。

1回目: 12秒、120ft(約36.5m)
2回目: 12秒、175ft(約53.3m)
3回目: 15秒、200ft(約60.9m)
4回目: 59秒、852ft(約259.6m)

ということで、最初に飛んだのは「弟のオービル」というのが答えです。


ちなみに後年、ライト兄弟の初飛行100周年にむけて、彼らの設計した「ライトフライヤー号」を復元する研究がいくつか行なわれました。
が、コンピュータシミュレーションでは姿勢が安定せずに普通に飛べず、そればかりか、完成した復元機に至っては離陸すらできませんでした。

これらの検証結果から、ライト兄弟が「ライトフライヤー号」を使って飛行に成功できたのは、当日吹いていた強風と、それをものともしない兄弟の高い操縦技術のたまものだったという見方もあります。


なお、このライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した時の年号の覚え方を、私の別ブログの方で取り上げています。よろしかったら参考にしてください。

ライト兄弟、動力飛行に成功-俳句で覚える歴史年表
http://nenpyo.seesaa.net/article/65530581.html

参考にしたサイト
ライト兄弟 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E5%85%84%E5%BC%9F
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「親殺しのパラドックス」の答えは?
食品の包装に入っている脱酸素剤は、再利用できる?
漢数字を一から十まで書けますか?
現在、健康器具として知られているルームランナーは、もともと拷問用器具だった?
奈良公園にいる鹿1370頭は、人間が一頭ずつ正確にカウントしている?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)