オリンピックの競技中、車に乗って優勝したマラソン選手がいる?
1904年に行なわれた「第3回夏季オリンピックセントルイス大会」のマラソン競技中に、車に乗ってしまったという不名誉な記録を残した選手がいます。

その選手の名前は、フレッド・ローツ(Frederick "Fred" Lorz、1884年6月5日 - 1914年2月4日)。
この日、フレッド選手は、40℃近い暑さに負けて倒れこんでしまいますが、そんなときに救世主が現われます。
そうです、そこに車が通りかかったのです。

あろうことか、フレッド選手はその車に乗せてもらい、ゴール手前の8km付近まできたところで降りると、再び走り始めたのです。
そしてもちろん、そのままゴールまで走って、トップでゴールイン!

しかし、そんなズルがまかり通るわけもなく、ルーズベルト大統領令嬢アリス(Alice Roosevelt Longworth)からオリーブ冠を授かろうとしたまさにその瞬間、車の持ち主に告発され、優勝は取り消されました。


ちなみに、1896年に開催された「アテネオリンピック」のマラソン競技において、フレッド・ローツと同様の事件を起こした選手に、スピリドン・ベロカス(Spyridon Belokas)がいます(こちらは、コースの一部を馬車で通過) 。

というより、こちらの方が”先輩”にあたりますが…。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
特許と実用新案の違いは?
人類初の有人飛行に成功したライト兄弟のうち、最初に飛んだのはどっち?
パトカーと同じデザインの車で走ることができる?
110番や119番の電話代は、誰が払っている?
ゴルフボールは、ツルツルだと飛距離が伸びないって本当?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告