飛行機のパイロットが帽子をかぶるのは、搭乗前に機体の外部点検をするため?
パイロット

つばつきの帽子はパイロットのシンボルともいえますが、実はフライト中、パイロットはこの帽子を脱いでいます。
なぜなら、帽子のつばが、視界をさえぎるようなことがあってはならないからです。

それでは、何故このような帽子が制服とされているのでしょうか?

それは、パイロットが搭乗前に機体の外部点検を行なうためです。
このとき、機体からオイルがたれてくることがあり、目に入る可能性があります。

つまり、目を守るための帽子なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
右手で招く猫と、左手で招く猫がいる?
鳥は、何故電線に止まっても感電しない?
体温計の目盛りは、何故42度までしかない?
46億年前の地球は、「1日5時間」だった?
カブトムシとアリは、どちらが力持ち?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告